空き家を有効活用できると注目されている民泊代行とは?

つみ木とお金

繰上げ返済をしていこう

不動産投資で成功したいのであれば、ローンを利用して中古ワンルームマンションを買うことをお勧めします。但し、ローンの借入割合は40%から50%に抑えましょう。これくらいに抑えておけば、キャッシュフローもうまくまわっています。

男性

連帯保証人に代わる制度

マンション経営では入居者の確保が重要ですが、家賃滞納などのリスク対策も必要です。かつては連帯保証人を求めていましたが、今では家賃債務保証会社を利用するオーナーが増えています。滞納しても保証会社がすぐに家賃を支払ってくれるからです。入居者にとっても連帯保証人を探さずにすむので、入居しやすいのです。

外国人相手に部屋を貸す

部屋

業者を使えば簡単

民泊というのは使っていない部屋や家などを旅行者に一定期間貸し出すことです。民泊は空き部屋、空き家の有効活用策として注目されていますが、一方でさまざまなハードルが民泊には存在しています。そもそも民泊が盛んに行われているのは日本以外の国です。これは日本国内では十分なホテルが存在していることや旅行そのものが短期間の滞在であることが多く、民泊のように一定期間の滞在というのはあまり行われていません。このため民泊を行うということは主に外国人を相手に行うことになります。民泊ではソーシャル・ネットワーキング・サービスによって、その情報を旅行者に提供して使用してもらうかどうかを決めます。基本的に部屋の提供はそれほど難易度の高いものではありませんが、ホストとして利用者であるゲストをある程度は持て成す必要があります。特に衛生的な寝室を提供することが最大の目的であるため、清掃は欠かせませんし消耗品の交換も必要です。このため行うためには相応の労力が必要になってきますし、また少なくとも英語を話せるだけスキルが必要です。このような面倒なスキルや作業を軽減してくれるのが民泊代行業者です。民泊代行業者では、ソーシャル・ネットワーキング・サービスへの登録からゲストへの対応。部屋の改造、また清掃や消耗品の交換などの作業を行ってくれます。代行を使うメリットは初期費用を除けばゲストが利用した回数に応じて費用が発生するということです。このため代行業者を使えば簡単に民泊を始めることが出来ます。

セミナー

的を絞って参加

不動産投資を始めるにはセミナーの参加から始めることが一般的です。しかしどのセミナーに参加するのか迷う事もあります。自分が始めたいと思っているジャンルに精通している会社である事が不動産投資セミナーに参加するうえで一番大事なことです。