空き家を有効活用できると注目されている民泊代行とは?

連帯保証人に代わる制度

男性

滞納家賃を回収しやすい

アパートやマンションを賃貸経営する時に大事なことは、いかに入居者を集めるかです。常に入居者を確保できれば、それだけ安定した家賃収入が得られるのです。また入居者が家賃を滞納したり、不払いのままいなくなるといったリスクについても考える必要があります。そのリスクを防ぐために入居者には連帯保証人が必要なのですが、最近は家賃債務保証会社を利用するケースが増えています。家賃債務保証会社というのは連帯保証人の代わりに、入居者が家賃を滞納したり不払いになった時に代わりに保証してくれる会社です。多くのオーナーが家賃債務保証システムを導入し始めたのは、確実に滞納家賃を保証してくれるからです。連帯保証人の場合はトラブルになる事例が多いのです。連帯保証人との間でトラブルになると訴訟に発展したり、滞納家賃を回収するまでに時間がかかるのです。その点、家賃債務保証システムにすれば保証会社はすぐに滞納家賃を支払ってくれます。入居者への督促は家賃保証会社が行うので、オーナーの手間が省けるのです。このようなメリットがあるので最近は家賃債務保証会社を利用する所が増えているのです。また入居者側にとっても連帯保証人を探すという手間が省けるので、アパートやマンションの部屋を借りやすくなるというメリットがあります。少子化の影響で最近は連帯保証人を見つけることが大変なのです。そのような事情も考慮して、家賃債務保証システムが導入されるようになったのです。